総量規制対象外のキャッシングローンについて

キャッシングには総量規制の対象のものとそうでないものがあります。
総量規制とは、2010年6月に貸金業法が大幅に改正された中でできた法律であり、借金の上限額を年収の3分の1以下に制限するという内容の法律です。
総量規制の法律ができたことにより、キャッシングを利用できなくなってしまった人たちもいたことから、この法律ができた当時はかなりマスコミなどにも取り上げられました。
たとえば専業主婦のように収入がない人の場合には、キャッシング自体が利用できなくなってしまうからです。
しかし、総量規制の対象外のキャッシングというものも存在します。
例えば銀行系カードローンがその代表例となります。
総量規制の対象外のキャッシングであれば、年収の3分の1以下というルールは適用されませんので、従来通り専業主婦のような方でも利用することが可能です。
しかもこの銀行系カードローンの場合には、消費者金融のキャッシングよりも金利も低めの設定になっていますので、この点も有利です。
申し込みはインターネットや郵送などでもできますが、便利なのは銀行内に設置してある専用のATMを利用して申込みをする方法です。
この方法であれば、申込みをしたその日のうちにローンカードが発行されますので、即日利用も可能です。
銀行系カードローンはスピードの面で不安を感じる方も多いのですが、近年ではこの難点もかなり改善されてきています。
このように、総量規制の対象外のキャッシングを把握しておけば、お金のピンチの時にじょうずに対応できると思いますので、ぜひ覚えておきましょう。