銀行キャッシングの金利の傾向について

数十万円~数百万円単位のおおきな金額を融資してもらう場合、やはり月々請求される「金利」が気になってしまうものです。これが低ければ低いほど返済額が下がり、高ければ高いほど返済額が上がる仕組みになっています。また金融業界では数万円単位の少額融資ほど金利が高く設定されている傾向にあります。

融資額が低いからと油断し、気軽に多重債務を繰り返してしたあげくに金利負担で圧迫されてしまい借金で首が回らない状態になってしまう方も珍しくはないのです。塵も積もれば山となる、という諺を痛いほどに実感されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。少額融資といえども、重ねることで返済額・金利ともども膨れ上がるという危険性を十分に考慮し、自己破産や債務整理などの事故情報を残さないよう、あらかじめ心がけておくと良いでしょう。

2010年の法改正でキャッシングの金利が法律で定められ、上限が20%にまで引き下げられました。そのためおおくのキャッシング事業では5~18%という、比較的良心的な金利で融資を行うようになりました。また近年では銀行が個人向けキャッシングに力を入れるようになり、一般的なキャッシング企業よりも若干低めの金利設定で金融サービスを提供しています。信頼性と安心感を兼ね備えた銀行は個人からも人気が高く、支持されているのです。多額の融資を希望されている方は、まずは年利の低い銀行キャッシングを申込まれてみるのも良いでしょう。