低金利のカードローン会社

低金利のカードローンなら、低金利だけに利用しやすいと思うかもしれません。
借入の受付でも低金利のカードローン会社は人気です。
返済時の負担を少しでもなくしたいですよね。

利率が低いことは確かに利用しやすい要素になりますが、低金利カードローンはそれだけに審査に通るのが厳しい融資であるともいえます。
実際に審査される項目が複数あり、それらを満たさなければ審査に通ることができません。
全てパーフェクトに満たす必要はありませんが、とりわけ重要な項目については要件を満たす必要があります。
カードローンで審査されるポイントには、年齢をはじめ、年収、職種、勤続年数、家族構成、居住形態、居住年数、過去の借り入れ履歴、金融事故などです。

この中で特に重要な項目は、年収と過去の借り入れ履歴です。
年収が基準以下であれば返済能力がないとみなされますし、過去の借り入れにおいて返済の遅滞があったり、なんらかの金融事故を起こした経歴があれば、審査に通ることは難しくなります。
特に自己破産や債務整理の履歴がある方は、審査を通ることは難しくなるでしょう。
カードローンの審査では金利が低くても高くても、これらの要件を満たさなければなりません。

持ち家を所有しているかどうか、これも大きなポイントになります。
持ち家を所有していることは返済能力を審査される上でプラスポイントになりますが、借家であればその点で不利になります。ただし、借家住まいでも別に土地を所有するなど不動産所有があれば、審査は有利に働きます。
また借家住まいで不動産所有もないとしても、継続して家賃の支払いがなされていれば、返済能力ありとみなされます。

なお、カードローンでは銀行系のカードローンが人気があります。
その理由は、銀行系なら総量規制の対象外にされることと、金利が低く設定されていることです。
総量規制の対象外で金利が安いため理想的なカードローンだといえますが、その分、審査が厳しくなる傾向にあります。
審査に通過したら、コンビニのATMからでも入手金が可能になります。
カードローンでは手軽に小額の現金融資が受けられるため、現在では利用者が多くなっています。